地域密着でがんばっている筑波銀行

筑波銀行で住宅ローンを借りたらどうなる


消費税が8%にあがったのが平成26年4月。その後、平成27年10月には消費税が10%に上がるかもしれないという時代になっています。実際に住宅ローンに係る影響を考えてみると、一千万円の家を建てる時の消費税が50万円だったものが80万円に上がったわけですが、今度は100万円になってしまうわけです。これを考えると、やはり低金利なうちに、住宅ローンを借りてマイホームを手に入れたいと思う人は多いと思います。

筑波銀行では、このような時代の中で、様々な住宅ローン商品を販売し、多くの顧客獲得を目指しています。実際、住宅ローンは継続して金利を得られることもあり、確実に返してくれる顧客でさえあれば、銀行にとって利益が見込めるというメリットがあります。

筑波銀行の住宅ローンで融資対象となるケースは、新規建築の住宅費用や建売住宅の購入、マンションの購入費用、住宅用土地の購入費用です。また、リフォーム費用や、他の金融機関で借りている住宅ローンの借り入れも可能です。また、借主に対して入院時のローン支払いを猶予する特約、三大成人病やがんになった時の支払い免除特約なども付与できるので、働き盛りの人が住宅ローンを利用するに当たっては、非常に安心できるバックアップがなされています。

融資条件としては、20歳から65歳までの人が借り入れ可能となっていて、返済完了時の年齢が満75歳までであることが借り入れの条件となっています。最大35年間、最高額で6000万円まで借り入れが可能となっていますが、購入したり建設する住宅の価値や、借主の収入状況によっては希望の額が借りられない場合もあります。