地域密着でがんばっている筑波銀行

筑波銀行に望むサービスとその理由


筑波銀行に望むサービスを考えてみると、やはりインターネットバンキングの充実と、インターネット専用支店の設置が一番に考えられます。どの銀行でも工夫を凝らして顧客の獲得を目指していますが、そのためにはやはり「インターネット」「スマートフォン」といったような、現在の必須アイテムを活用できるサービスの存在は必要不可欠だと思います。

特に、インターネット専用支店は多くの地方銀行が積極的に取り組んでいるサービスです。既存の営業エリアを超え、インターネット経由ですべての申し込みが行え、かつその後の利用もインターネット経由で行えることもあり、顧客を集めやすいのがインターネット専業支店のメリットです。また、インターネット専業支店では通帳の発行省略や店舗を設けないがゆえのコスト軽減を、優遇金利の形で顧客に還元することもできます。そのことでさらに多くの顧客を獲得することができるのですから、筑波銀行にもぜひ取り組んでほしいです。

また、既存のサービスとしてインターネットバンキングサービスも行っていますが、通帳の取引確認や残高確認などは、すでに多くの銀行で当たり前のように行っているサービスです。そこにさらなる付加価値を加えてほしいというのも、筑波銀行に望むサービスです。

一部の先進的な銀行では、投資信託や外貨預金、定期預金の手続きをインターネットバンキングを使って行えるようになっています。それらのサービスを積極的に取り入れ、強化してもらえると、営業エリア外からの顧客も多くなりますし、筑波銀行そのものの経営も安定するのではないでしょうか。